Our story

クルクメールの始まりは、代表の篠田が2004年、ハタチの時にカンボジアを訪れたことから始まります。

カンボジアの、貧困をボトルネックとして抱える多くの問題、一方で世界に誇るべき豊かな文化とハーブを知り、彼女は「地元の素材を使い、地元の人々が製品をつくる、地元のための組織」を創りたいと2009年にクルクメールを立ち上げました。

クルクメールの軌跡は、コチラをご覧下さい。