【スパ立ち上げ奮闘記⑥】庭に穴を掘る

Posted by on 11月 20日, 2014 in スタッフブログ | 0 comments

【スパ立ち上げ奮闘記⑥】庭に穴を掘る

スーオスダイ!(カンボジア語で「どうも!」)スタッフ村上です。

工事もだいぶ進んでまいりました!庭の部分にコテージタイプのマッサージルームを5棟建設中なのですが、そのうち2棟がもうすぐ完成します。

進み具合にあわせてシャワーや蛇口、トイレの便器、換気扇などを購入し取り付けていくのですが、排水システムに欠かせないのが、浄化槽。

シャワーやお手洗いの排水を管理するためにとても重要なもの。5立方メートルのものを3箇所に用意します。

今回、その浄化槽をつくるのはクルクメールの若者男子4名!

深さ3メートルのタンクと2メートルのタンクを埋めるために、合計5立方メートルもの地下空間を造らねばならず、私としては「え、3メートルの深さって耳痛くならないの?!」ぐらいな想像を絶するものだったのですが、そこは何でもできるカンボジア人。「造ったことあるから大丈夫」とのこと。

どうやって造るかと言うと・・・

①コンクリートでできた巨大な土管(高さ1m、直径1m)を地面に置く

②土管の中に入って土管の中と下の土をかき出す

③土管自体の重みで土管を沈めていく  という手法だそう。

excavation

 

 

早速翌日から作業が始まりました。KongとKairangが地下担当。ThuraとSithaは交代要員兼地上担当。いかにも強そうな28歳Kongががんがん掘っていくかと思えば、細身の19歳、Kairangがものすごい勢いで作業を進め、1日目に2メートルの穴を完成させました。

す、すごい・・・大体、2メートルの穴からどうやって出るの?っていうところから既によくわからない。

 

この2日後に5立方メートルの穴が完成しました。

お疲れ様!!!「あと2箇所もよろしくね♪」とはまだ言わないでおこう・・・

Having a rest

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です