【スパ立ち上げ奮闘記④】楽しみな11月

Posted by on 10月 30日, 2014 in スタッフブログ | 0 comments

【スパ立ち上げ奮闘記④】楽しみな11月

スーオスダイ!(カンボジア語で「どーも!」)スタッフ村上です。

あっという間に10月も終わりが近づき、今年も残すところあと2ヶ月となりました。工事も順調に進んでいますよ~!

 

来月、11月スパ立上げプロジェクトにとって大きなイベント?が二つ控えています。

 

ひとつめは、スパのマーケティング強化のためMoG(Mission on the Groundの略。詳しくはvery50さんのHPからどうぞ)が始まること!

11/5から、日本から10名もの方がスパ事業のプロモーションのため一緒に奮闘してくれます。その様子もこちらスタッフブログでお知らせしますのでどうぞお楽しみに!

 

ふたつめは、いよいよ日本からスパの先生が到着されること!

選考に際しましては思いがけず多くの方からご応募をいただきました。

ご応募いただいた皆様、お知り合いにご紹介くださいました皆様、この場を借りて御礼申し上げます。

応募者の方は素晴らしい方ばかりで、選ぶのが本当に大変でしたが、その中で今のクルクメールに一番マッチする方にお願いをすることになりました。

クルクメールxスパの先生=どんなシナジーが生まれるか?!楽しみです。

 

実はカンボジア語オタクのワタシ。最近見つけたカンボジアのことわざをご紹介します。

「沼は泳いで渡るより、水牛に乗って渡れ」

そのこころは、「無理に自分ひとりで難題を解決しようとせず、身近なリソースを活用しなさい」。

水牛は沼とか池に住んでいるので、どんなぬかるみも力強く歩んでくれます。他人には頼らないぞ、自分の力でやりきるんだと張り切っても、もがけばもがくほど沈んでいくのが沼。頑張ることも大事ですが、頑張ったわりに結果が出なかったり、しかも自分がどうしようもなく消耗してしまうことってありますよね。どこまで自分でできるかを見極めて、あえて他のリソースに頼ることって本当に大切と思います。その一方で、日ごろからどんなリソースがあるか知っておき、困ったときに活用できる下地を作っておくこともそれと同じくらい大切だと思います。たとえば私、水牛の乗り方を知りません。沼、渡れない。

道端で出会った水牛。カメラを向けたらしきりにモーモーと何かを訴えかけられました。「スッピンだから撮らないでよー」?

 

 

 

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です